代表挨拶

思いを形にする年、2018年

代表理事 桑波田 和子

平成30 年は、世界が平和で心豊かに暮らせる社会の実現を祈願したいと思います。
当会は平成9 年6 月に設立され、満20 周年を昨年迎えました。人の一生から見ますと、成人としての責任と実行を期待される大きな節目です。
設立当初の会員は、千葉県が主催した、「エコマインド養成講座(平成5 年~19 年)の卒業生が多く、「環境シンポジウムちば会議」「エコメッセちば」の開催などに深くかかわってきました。現在では、エコメッセちば、環境学習、市民・企業・行政などとのパートナーシップの推進などの活動を展開しています。
20 年経た今、これまで以上に責任を持ち、持続可能な社会の実現に向けて活動していくことを強く意識していきたいと、2 年間かけて、NPO 法人の検討を行いました。昨年12 月末に法人設立総会を開催し、現在は千葉市からの承認も下り、法務局への手続きに入り、いよいよ「NPO 法人環境パートナーシップちば」としての活動がスタートする、記念すべき2018 年となります。
2015 年9 月、国連で採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」に記載された行動目標「SDGs」(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の実現を担う1 団体として、より明確な視点で活動していきたいと思います。
当会のこれまでの活動を基に、2018 年は、法人団体としての新しい命を育んでいきます。
皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。