メールマガジン

環境ひろば千葉の掲載情報を中心にメールでお送りします。配信は不定期です。配信の申込と解除はこちらから>>> 【環パ通信】

投稿のしかた

投稿はこちらから

環境と農のイベント案内160715号

2016/07/16 土 | ログイン者 はむし | 投稿会員 環境と農の広場

今年もT社製の熱中症計を使っていますが、体感と合っています。

これから盛夏なのに心の半分は秋のドイツに向かっています。
本案内の9ページに『ドイツ再生エネ視察ツアー』があります。
初のヨーロッパ行きですが、参加者が増えツアー実施を祈ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[1]主題案内はこちらから>>160715
情報・ご意見・ご感想などお寄せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2] ひとこと 【 100と複眼 】
100という数字はいろいろな場面で使われ、
百里の道も一足から。百聞は一見にしかず。百人百様など。

物事を普及させたり、事業を盛り上げたりしようと
「100人の一歩」が大事で、逆の「一人の100歩」は
大事ではないイメージはないでしょうか。

しかし、その両方の複眼思想が必要に思います。

過日「省エネ学習会」でお伺いした石岡市「茨城パッシブハウス」
を建築した(株)島田材木店社長の島田氏は「一人の100歩」に感じます。
一歩一歩、自ら実践を踏まえての100歩であり、
実践することにより「100歩の道」が開けてくるように思えます。

で、その100歩の中身を解き明かし、あるいは翻訳し、
「100人の一歩」になるような勉強が我々市民の役目と思うのです。
*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*
★ 環境と農の広場・・[発行責任]・新美 健一郎・
★ 発信地:千葉県 流山市
<明日への助け合い=環境とエネルギーの保全・食農安全>
*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*