メールマガジン

環境ひろば千葉の掲載情報を中心にメールでお送りします。配信は不定期です。配信の申込と解除はこちらから>>> 【環パ通信】

投稿のしかた

投稿はこちらから

環境と農のイベント案内160815号

2016/08/16 火 | ログイン者 はむし | 投稿会員 環境と農の広場

日の出がやや遅くなり、日の入りはやや早くなりました。
暑さの戻りはまだあるでしょうが峠は越えた感じです。
来年の夏はどのような気候になるのでしょうか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[1] 主題案内をお届けします。160815
引続き、情報・ご意見・ご感想などお寄せください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2] ひとこと 【 “野菜炒め”から見えて来た 】
我が家の組織?は縦割りで、3食は専任担当者です。
ところが突如、担当者負傷でその食が作れなくなったのです。
一番困ったのが、生食以外の野菜料理をどうするかです。

日ごろ多かったのは、何種類かの野菜を使った野菜炒めです。
健康に生きたいために必要に迫られ実践スタートでしたが、
最近何とか食べられるものが出来るようになりました。

以前から思っていたことですが、
料理は幅が広く深みも底知れない感じのノウハウ固まりです。
そんな恐れもあり、興味はあったのですが料理に手が出ませんでした。

他にも気付いたことやお笑い事もあったのですが、
エコ的に一番気になったのは便利な「冷凍食品」です。
野菜炒めは生野菜がほとんどで、冷凍の肉類や野菜も使います。

製造・保管・流通・販売・消費者保管・解凍と、
マイナス何十(じゅう)度という温度を保持し解凍エネルギーも使います。
「便利さ」や「快適」の陰では非エコな実体がありそうです。

検索しましたら15年前の関連資料や業界団体の資料もありました。
https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/897/1/area037263.pdf
http://www.reishokukyo.or.jp/wp-content/uploads/pdf/20150326_m.pdf

上記資料によれば、家庭で「一ヶ月に使う冷凍食品の製造エネルギー」は、
原油2リットル程度というのは驚きです。(物流や家庭保管エネルギーは別)

最後に、8月5日に船橋市地球温暖化対策地域協議会へ提出エコ川柳です。
「妻骨折 エコクッキング 意味わかる」
*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*
★ 環境と農の広場・・[発行責任]・新美 健一郎・
★ 発信地:千葉県 流山市
<明日への助け合い=環境とエネルギーの保全・食農安全>
*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*