メールマガジン

環境ひろば千葉の掲載情報を中心にメールでお送りします。配信は不定期です。配信の申込と解除はこちらから>>> 【環パ通信】

投稿のしかた

投稿はこちらから

環境と農のイベント案内170414号

2017/04/15 土 | ログイン者 はむし | 投稿会員 環境と農の広場

関東は葉桜の季節になり、昼間は暖かくなりました。

今朝の暖房前の室内外温度は、外気温6.7℃、屋内リビング気温18℃で、
その温度差は11.3degです。2ヶ月前の2月14日の温度はそれぞれ、
1.0℃、15.1℃、温度差は14.1degでした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[1]主題案内はこちらから>>170414
情報・ご意見・ご感想などお寄せください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2] ひとこと 【 営農発電 】
先週、匝瑳市内に完成のメガ級営農発電所落成式に参加しました。
本当は工事中に行きたかったのですが、やや遠く躊躇していました。
最初に見た感想は、やはり規模が大きく設置状態がきれいでした。

全国では住宅以外に市民力で設置の太陽光発電(PV)が多数あります。
しかし、メガ(1,000kW)級で、しかも農地への設置PVを知りません。

落成式で印象に残ったのは、そのPV下で営農する若い担い手でした。
当面は大豆と大麦の栽培とのことですが、明るい未来が望めます。

もともと農業は太陽エネルギー産業であり、発電もその一部です。
人間のエネルギー源の食と電気エネルギーが太陽から得られます。
今までの農業は化石燃料を多く使うものでした。

これからは、このPVエネルギーを直接あるいは蓄電・蓄熱し、
自家消費あるいは近隣の地産地消電力として有効利用できます。
化石燃料を極力使わない新しい農業が期待できます。

もしかするとハイブリッドカーならぬハイブリッドトラクターが
PV下を無人で耕作や除草する時代が来るのではと思います。


*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*
★ 環境と農の広場・・[発行責任]・新美 健一郎・
★ 発信地:千葉県 流山市
<明日への助け合い=環境とエネルギーの保全・食農安全>
*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*