メールマガジン

環境ひろば千葉の掲載情報を中心にメールでお送りします。配信は不定期です。配信の申込と解除はこちらから>>> 【環パ通信】

投稿のしかた

投稿はこちらから

環境と農のイベント案内170614号

2017/06/14 水 | ログイン者 はむし | 投稿会員 環境と農の広場

前回号外で「印西市内の田んぼを無料で使いませんか」ご案内しましたが、
印西市市民活動支援センター様の広報ご協力により、
同市地元農家さんから連絡がありました。ありがとうございました。
食生産の貴重な農地を地域や市民参加で価値ある保全の必要があります。

なお上記情報元を認定NPO法人 宍塚の自然と歴史の会(土浦市)としましたが、
事務所は「つくば市」でした。訂正しお詫びします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[1]主題案内はこちらから>>170614
情報・ご意見・ご感想などお寄せください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2] ひとこと 【 環境市民活動モデル 】
市民活動の継続にはどうしても資金が必要です。
助成金や寄付に頼るこのが一般的ですが、
自らの活動で資金を得られれば自由・自立した活動ができます。

言うは簡単ですが実際に行うは相当な課題を乗り越えなくてはなりません。
ところがそれを見事に実現している団体があります。
今年1月に流山へ来ていただいた「環境まちづくりNPO 元気力発電所」です。
http://www.npo-genkiryoku.org

活動内容の収支双方も価値ある環境保全に貢献中です。
保育園などの建物の屋根に太陽光発電を設置し贈呈します。
その資金はリサイクル・リユース活動や寄付金などを当てます。

練馬区内に複数の店舗を設置し、
基本は社会を良くする非営利活動ですが、収入を得るための活動もあります。
税法上も確認しながら進めたとのことです。

他に事例がない特筆すべき活動と思い再度ご紹介しました。
*====*====*====*====*====*=
★ 環境と農の広場・・・・・・・[発行責任]・新美 健一郎
★ 発信地:千葉県 流山市
<明日への助け合い=環境とエネルギーの保全・食農安全>
*====*====*====*====*====*=