メールマガジン

環境ひろば千葉の掲載情報を中心にメールでお送りします。配信は不定期です。配信の申込と解除はこちらから>>> 【環パ通信】

投稿のしかた

投稿はこちらから

環境と農のイベント案内 〜 臨時170923号 〜

2017/09/23 土 | ログイン者 はむし | 投稿会員 環境と農の広場

環境と農のイベント案内 〜 臨時17923号 〜(兼)
☆ [113号] 「省エネ」&「創エネ」情報 です ☆

概ね月1回でお届け中「環境と農のイベント案内」ですが、
新情報が入ってもタイミング的にご案内できません。
その補完のため、エネルギー分野のみですが「省エネ・創エネ情報」配信中です。

今回はいろいろな情報が入り、臨時号としてお届けします。
動きが気になる日本に比べ、世界のエネルギーは大きく動いています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★本号内容は以下の通りです。

(1)パッシブハウス・ジャパンニュースレター 2017年9月13日発行 101号から
・森みわ氏コラム
〜第二回パッシブハウス・アジア・カンファレンスを終えて
<決して日本中の全ての住宅がパッシブハウスになる日を夢見ている訳では無く、
ただ住宅の省エネに関して余りにも無頓着な(もしくは時代錯誤な)日本・・・・>
http://passivehouse-japan.org/ja/magazine/newsletter101/#mori
・松尾和也氏のコラム
〜夏の睡眠時の(エアコン)冷房運転における快適性について
http://passivehouse-japan.org/ja/magazine/newsletter101/#matsuo

(2)練馬 区民環境行動講演会/10月1日14:00〜16:00
・自然エネルギーって高い?不安定?~世界の状況・日本の現在~
<講師:大野 輝之 (自然エネルギー財団常務理事・元東京都環境局長)>
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/event/bunka/20171001.html

(3)省エネルギー学習会/10月6日(金)13:30〜15:30
・「クールチョイス!節エネガイド」を読み解く 123回 (29-10-6)

(4)柏市の環境施策と2050低炭素ナビ(講演会)/10月7日13:00~14:30
〜2050年の柏市をシュミレーションしてみよう。10.07柏lowcarbon
http://www.kankyostation.org/wp/2017/09/柏市の環境政策と2050低炭素ナビ/
(5)メルマガ『再生エネ総研』第90号 特別号
「エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン2017」11月7日(火)〜8日(水)
<有料「蓄エネイベント」紹介>
同メルマガを署名欄以降に転載します。

以下、入手チラシから。
(6)市民が変えるエネルギー基本計画プロジェクト
・どうする?これからの日本のエネルギー
<・・省エネを基本に・・・とあります>
http://ene-rev.org/

(7)原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟
・世界の潮流は脱原発
<志はひとつ! 手をつなごう、未来のために。>
http://genjiren.com/

以上。
*====*====*====*====*====*=
★ 環境と農の広場・・・・・・・[発行責任]・新美 健一郎
★ 発信地:千葉県 流山市
<明日への助け合い=環境とエネルギーの保全・食農安全>
*====*====*====*====*====*=
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆◆◆   メルマガ『再生エネ総研』 第90号 特別号   ◆◆◆
2017年 9月20日

日本再生可能エネルギー総合研究所
(Japan Renewable-energy Research Institute: JRRI 略称:再生エネ総研)
WEBサイトURL:http://www.jrri.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/_/_/  目  次  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

☆お知らせ

「エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン2017」の開催
〜11月7日(火)〜8日(水)
東京、ベルサール飯田橋ファースト

☆編集後記
■ お知らせ ・・・・・‥‥‥………

「エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン2017」の開催
○はじめに 〜エネルギー貯蔵の重要性

エネルギー貯蔵をテーマとした国際展示会・国際会議の『エナジー・ストレ
ージ・サミット・ジャパン2017』(通称ESSJ)が、11月初旬に東京の飯田
橋で開かれます。今年で4回目です。
日本再生可能エネルギー総合研究所は、おととしからこのイベントのパート
ナー協会となっています。
主催は、メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンで、後援として、国連、外務
省、NEDOなどが名前を連ねています。

再生エネ導入のさらなる拡大は、CO2削減のための唯一の方策であり、人類
が限界費用ゼロの格安のエネルギーを手に入れるための必須事項です。そこで
必要とされる柔軟性の確保の重要なツールがエネルギー貯蔵の技術です。

○『エナジー・ストレージ・サミット・ジャパン2017』
(通称ESSJ)の概要

□開催日時、開催会場
日 時:2017年11月7日(火)13:00〜20:00
2017年11月8日(水)09:00〜17:00
場 所:ベルサール飯田橋ファースト
東京都文京区後楽2-6-1住友不動産飯田橋ファーストタワー
(飯田橋駅から徒歩10分)
□特徴
これまで以上に会議中心となったESSJは、国際性が高く、ドイツ、米国、
インドなど、海外の蓄エネ情報やビジネスチャンスのほか、国内外の第一線で
活躍するエキスパート達から最新の蓄エネ技術活用法や今後の見通しが独占
入手できる貴重なイベントです。(ESSJの告知文より)

□フォーカス
• 世界の蓄エネ最新情報
• 事業成功の最優良事例
• 国内ビジネスの動向
• 海外進出の商機

◇詳細はこちらをご覧ください。↓
https://essj.messe-dus.co.jp/jp/home/energy-storage-summit-japan-2017/

□参加方法
◇チケット:
再生エネ総研(JRRI)の10%のディスカウントコードを提供されています。
1日会議券:40,000円 ⇒ 36,000円
2日会議券: 65,000円 ⇒ 58,500円
こちらのバウチャー・コード:ESSJ2017-JRRIをご購入の際に入力下さい。

◇ご購入はこちらから↓
https://essj.messe-dus.co.jp/jp/attend/tickets/

以上

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

メールマガジン『再生エネ総研』の第90号をお届けします。
毎年、この秋に行われるエネルギー貯蔵サミットのPRです。再生エネ総研と
しても数年前から水素を中心としたエネルギー貯蔵関連の情報発信に取り組
んできました。ドイツへの視察ツアーも実施しています。
昨年のこの会議では特に熱貯蔵が興味深かったと思っています。エネルギー
貯蔵の重要性は増すばかりです。関心のある方はぜひ足をお運びください。

==========================================================
文責 北村 和也
日本再生可能エネルギー総合研究所
(Japan Renewable-energy Research Institute: JRRI 略称:再生エネ総研)

住所:〒216-0033 川崎市宮前区宮崎2-9-2-707
Tel:090-1045-9837
E-mail:kitamura@jrri.jp URL:http://www.jrri.jp Twitter:@kit_jrri

Copyright(C) 2017日本再生可能エネルギー総合研究所 All rights reserved.
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\