メールマガジン

環境ひろば千葉の掲載情報を中心にメールでお送りします。配信は不定期です。配信の申込と解除はこちらから>>> 【環パ通信】

投稿のしかた

投稿はこちらから

環境と農のイベント案内171215号

2017/12/15 金 | ログイン者 はむし | 投稿会員 環境と農の広場

寒い日が続き、住まいの燃費が気になります。
今日の12月分・電力検針では、昨年比10%UPでびっくりです。

※以前の内容を訂正します。
本案内170814号”ひとこと”、★住まいの省エネは宝の山★ で、
「Y社パンフレットに~ 日本にはなんと1999年(平成12年)まで
「住まいの断熱基準(建築基準法)が無かったから」とありますが、
(その通り書いてあるのですが)
正しくは「住まいの”窓”(ペアガラス等)の断熱基準(建築基準法)」でした。

・今朝5:30の暖房前の外気温1.7℃、室内温度13.9℃でした。
皆様のお宅の朝一温度を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・本年も情報提供等やホームページ掲載ありがとうございました。・
・来年は市民主体の良い年になるよう情報共有でと願っています。・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[1]主題案内はこちらから>>171215
情報・ご意見・ご感想などお寄せください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2] ひとこと 【 ~ 視野 と 複眼 ~】
自分もどちらかと言うと技術屋の範疇ですが、
一般的に技術屋は視野が狭く感じることが多々あります。
ではそれを常にどう補うかです。
まずその自覚から始まり、できるだけ広い社会や地域に出掛け、
いろいろな体験を積み上げていくしかないように思います。

「もんじゅ」のお粗末さや「原発と火山の関係」など、
大から小まで、狭い視野では思いも及ばぬことがあることです。

視野を広める手段として常に「複眼で見る」も強く感じます。
順不同ですが、大局にローカルに、学びと実践、ハードとソフト、
社会的に個人的に、省エネと創エネ、暑さと寒さ、世界と日本、
右と左、和と洋、啓発と実践、歴史(過去)と未来、などなど。

結局それらのバランスを、レベルを含めどうとるかだと思います。
*====*====*====*====*====*=
★ 環境と農の広場・・・・・・・[発行責任]・新美 健一郎
★ 発信地:千葉県 流山市
<明日への助け合い=環境とエネルギーの保全・食農安全>
*====*====*====*====*====*=