印旛沼をきれいにする活動

印旛沼環境基金助成事業 若者と語り合う 印旛沼

NPO環パちばでは、今年度な公益財団法人 印旛沼環境基金の助成を受けて、
IVUSA(NPO法人国際ボランティア学生協会)との協働イベントとして、


『若者と語り合う印旛沼』

を実施しました。
■日 時:2020年12月6日(日) 14:00~16:00
■開催方法:Zoomによるオンライン配信
■趣旨:琵琶湖での最新の活動の講演を参考に、ワークショップで、印旛沼について若者の視点・思いを知り、
新しい視点で印旛沼を見る。新たな気づきから行動へ広げる。
■主催:NPO法人環境パートナーシップちば
■協力:NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)
■募集定員:40名(一般参加者:20名 IVUSA:20名)
■参加者 参加者:20名  IVUSA:17名
■プログラム
本日の趣旨と学生団体IVUSAの紹介
第1部 講 演 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 佐藤祐一さん
「なぜ市民参加はうまくいかないのか~琵琶湖の総合保全における経験と新時代の多主体協働~」

講演資料はこちら

第2部 グループ トーク「IVUSAと印旛沼について語り合おう」
第3部 各グループの報告と参加者からひとこと

イベントに参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました!!

詳しくは、こちら